利息なし期間があるレイク自動契約機で借りる

選べる2つの無利息サービスが人気のレイクならパソコンやスマホから24時間申込可能です!

自動契約機に行く前にネットで申込みして審査に通ってからカード発行するとスムーズです。
今すぐ申込みすれば、即日融資の確率があがります!
↓  ↓  ↓  ↓
【レイク】急な出費に!当日振込みも可能!

総量規制対象外の銀行カードローンを利用しましょう

新生銀行カードローンレイクは総量規制対象外です!
来店不要!スマホで審査完了。その日のうちに借入れができます。

キャッシングやカードローンを利用する場合に、気を付けなければいけないのは融資をどれくらいまで行って貰えるかということです。

自動車ローンや住宅ローンと違いカードローンなどの使う用途が自由なローンは、個人で借りることが出来る限度額の上限が決まっています。これを総量規制と言います。

総量規制の定義は年収の三分の一以上の貸し付けを禁止するというもので、年収200万円の人の場合には66万円以上の貸付は出来ないという決まりになっています。
これは貸し付けの限度を決めることで支払いが滞ることを防ぎ、消費者を守っていると言えます。

しかしお金が必要な人からすればとても困る法律です。いくら100万円借りたくても、法律で禁止されている以上消費者金融側は貸し付けを行うことが出来ない訳です。
これは1社で66万円以上ではなく、複数の消費者金融に借りた場合でも同様で、合計金額が年収の三分の一以上は貸付不可ということです。

ですからすでに40万円の借り入れがある場合には、残り26万円の借り入れしか出来ませんし、審査の状況によってはその26万円の貸し付けも不可になる場合もあるようです。

では総量規制に引っ掛かってしまった場合どうすればお金を融資してもらえるのか、それは銀行のカードローンを利用する方法が最も確実ではないでしょうか。
総量規制という法律は消費者金融だけに適用される法律のため、銀行は総量規制対象外となっています。

何故総量規制対象外になるのかですが、これはお金を貸し付ける根本的な法律が違うからです。

消費者金融の場合、貸金業法という法律に則ってお金の貸し付けを行いますが、銀行はこの貸金業法とは別の銀行法と呼ばれる決まりに則ってお金の貸し付けを行います。

ですから総量規制に引っ掛かった人でも、銀行のカードローンであれば貸し付けを行ってもらえる確率が高いわけです。銀行のカードローンの場合、消費者金融と比べて金利が安いという側面もありますから、借りる側からすれば非常にメリットが大きいと言えます。同じ金額を借りた場合でも消費者金融よりもかなり金利が安くなる場合が多いので、無駄な金利の支払いを省けるのも良い点です。 しかし銀行の審査はメリットが大きい反面、審査が厳しいという側面も持ち合わせています。

ですから総量規制の対象外と言えども、借入金があまりにも多い人や返済に遅延がある人は審査をクリアできないこともあるようです。
銀行のカードローンを利用する場合には、現在の自分の借入金の額などをしっかり把握した上で申し込みを行う必要があるのではないかと思います。

今から近くの自動契約機に行きますか?
【スマホ】なら24時間申込み可能です!
↓  ↓  ↓  ↓
【レイク】夜間でも休日でも手数料が無料!